韓国料理について

韓国料理も主食は日本と同じくご飯です。 韓国の家庭の食卓は、ご飯、汁物、チゲ(鍋)、キムチ、焼き魚、肉などが並ぶのが一般的です。
調味料は味噌、唐辛子味噌のコチュジャン、朝鮮醤油です。 唐辛子の使用が多いこと以外は日本ととてもよく似ています。 ごま油を使い、野菜もたっぷり入ったヘルシーさが特徴です。

健康料理の代表はサムゲタンです。 鶏肉に高麗ニンジンなどを詰めて煮ます。 このような韓国特有の伝承医学にのっとった料理がたくさんあります。
おかずの数が多いことも特徴の一つです。 韓国では奇数が好まれるので、おかずの数も3.5.7…と奇数で増えていくそうです。
また、ビビンバやクッパに代表されるように、混ぜるのが韓国料理の特徴でもあります。 食事にはよくスプーンがついてきます。

外食でポピュラーなのは屋台料理のトッポギ、チヂミです。 これらはもともと済州島の地方料理でした。 また、豚肉を腸詰めしたスンデや冷麺も人気です。
犬鍋は養殖犬の肉と香草を煮込んだものですが、2002年のFIFAワールドカップの際に各国から注目を浴び話題となりました。 滋養強壮によいといわれています。

健康志向の韓国では食事だけでなく、飲み物にも特徴があります。 韓国のスーパーは松の実や杉などの植物を使った健康ジュースやコーン茶が売られています。
なつめなどを使用した韓方茶の種類も豊富にあります。 お酒は日本でも話題になった白濁酒のマッコリやドンドンジュ、ソジュ、チョンハなど多彩にあります。